週の半ばの水曜日。特別真剣に仕事に取り組んでいるときは、この折り返し地点が憂鬱に感じる。
まず、疲れがピークに達する。週はじめから全力疾走していくと、一晩寝ただけでは抜けきらない疲れが溜まって、体はガタガタ。作業に取りかかるのに意識して気持ちを高める必要がある。
またこの日を境に、一週間が瞬く間に終わってしまう気がする。暮れはじめた夕日が見る間に沈んでしまうように、水曜日を過ぎてしまうと、週末が目前に迫る。作業を完了させる日が近いときには、ちょっと焦る。
夏の猛暑のさなか、一週間かんなをかけつづけたことがあった。時間は待ってくれないし、暑さは容赦なくても、手を動かさなくては何一つ前へ進めないこの仕事の、辛いところ。もっと体力に満ちあふれていれば、もっといい仕事ができるかもしれないのに、時間も技術もこれが限界なのだろうかと、気持ちまで萎えかけた。
しかしこの疲れが、ある時点で消え失せる。それも水曜日。ランナーズ・ハイのように、逆に勢いに乗って後半に突入するようになる。汗だくで、無心に体を動かしつづけることで、体の隅々まで活性化されていく感覚。
とはいっても疲れは突然消え失せるものでもなく、夜になればぐったり床についたものだ。休めるものなら、休んでいたい欲求だってもちろんある。それでも動こうと自らを駆り立てられる、時刻が差し迫るプレッシャーって、強大だ。
なんて思ってみたものの、今日はまだ火曜日だった。一日得した気分。

--
11月23日から28日まで、望月薫が鎌倉でグループ展をします。詳細はこちら (Click!) へ。お近くにお越しの際、お立ち寄りいただけると幸いです。