ときどき、おっと思うキャッチコピーに遭遇する。いいとかつまらないとかいう評価じゃなくて、とりあえずおっと思う。気になるということは、キャッチコピーとしてはひとまず成功。ま、たいていはおかしくって目に留まるのですが。
ここのところ面白かったのは、「人は手ブレする」。いわずと知れた、○ナソニックのデジタルカメラの広告。そりゃまあそうなのかもしれませんが、こう面と向かって否定されると、何だか歯がゆい。「手ぶれする」のあとに、「ざんねーん!」と聞こえてきそうで、ダメだしされているような申し訳ない気持ちになる。ひとつ前の「あゆはブレない」の方が、表現が肯定的で耳になじみやすかったように思う。とりあえずインパクトあり。
そしてついつい笑ってしまうのが、環八(カンパチ)の砧公園辺りにかかっている横断幕。「ポイ捨て かっこわるいぞ!」だって。黄色(しかもちょっと濁っている)地に黒角ゴチックで大書されているのを見れば、きっとあなたもにやけるはず。こちらも否定的な表現ながら、ぎくっとするより茶化されている感じ。もっと色気を出した方が効果あるかも。

キャッチコピーといえば、コピーライター。コピーライターという専門家があまり認識されていなかった頃に、その存在を世に知らしめたのが、きっと「ほぼ日刊イトイ新聞」 (Click!) の糸井重里氏。スタジオジブリの諸作品をはじめ名作はいろいろあるけど、N自動車の「くう ねる あそぶ」が鮮烈だったような記憶がある。沢○研二の「TOKIO」の作詞もしていたり。ことば遊びといえば谷川俊太郎氏だったけど、ビジネスにのっとったライターとして、興味深い。
そういえば小学生のときに、投票を呼びかける標語のコンクールで、表彰されたような気がする。選挙というシステムをよくわかっていない少年が、標語を考えるなんてちょっと無理。それらしい言葉を、音の響きで並べてみたら、オトナに受けたらしい。確か「その一票 平和な社会 つくるカギ」(定かではありません)だったような。子どもが考えたにしては、くさい。
記憶にあるのは、校長から賞状を受けるのに朝礼のとき朝礼台の前に並ばされたら、自分だけ半ズボンだったのが妙に恥ずかしかったことくらい。これを誇りに思えれば、先があったかもしれないのに。ことば遊びには、向いていなかったようです。

--
上野動物園のカバの前にある「ほぼ日刊イトイ新聞」の広告。あんなのどかな場所に看板が出せるなんて、ちょっとうらやましい。
中学に入学したとき、技術の教師が新入生に、輪切りにしたヒノキを配ってこう話した。
香りは記憶を呼び覚ますきっかけになる。祖父母の家に漂っていた線香の香り、海で遊んだときの磯の香り、旅先で嗅いだ異国の料理の香り、、、 ふとしたときに同じ香りを嗅ぐと、その香りと深く結びついている記憶が蘇ってくる。君たちが今手にしているヒノキから放たれている香り。この香りを嗅ぐとき、きっとこの学校に入学してきたときの、希望に満ちた新鮮な気持ちが思い起こされるだろう。そう願って、これをみんな贈ります。
それからというもの、ヒノキの香りを嗅ぐたび、中学に入ったばかりの青臭い時代が思い起こされて、照れくさい、、、 ということでもない。ヒノキの香りは直接そこには結びついていなくて、結局その話をしてくれた教師と、そのときの場景が思い出されてしまう。ちょっとだけ、的が外れてしまったらしい。
それと同じような感覚で、音楽が人と結びついていたりする。MのNを聞くと、Kさんが思い出されたり、KのDを聞くと、Aさんが思い出されたり。これはもう主観でしかなくて、勝手なイメージだったり、思い出の中でBGMになっていたものだったり、その頃巷によく流れていたものだったり。記憶の中のテーマ曲は、曲の善し悪しなど関係なく、すてきに聞こえる。そして、記憶の中の場面がドラマチックになる。
元気満々な大学教授、齋○孝氏が説くように、年を重ねていくことで「あのころ力」が失われていく(35歳を過ぎた頃から、下降線をたどるらしい)のであれば、こういった青臭い郷愁は忘れていくものなのかもしれない。「あのころ」を懐かしむ力が失われていく、「あのころ」が消失する! 氏曰く、それは当然あるべき成長で、こぞって「あのころ」離れできていない今時の風潮がおかしいんだとか。
「あのころ」に固執するばかり、現実を直視せず、将来を思い量らなくなっては困るけど、前へ進んでいく推進力にはなっているんじゃないかなぁ、と思う20代。若輩者であるから故必要な力なのかもしれない。年を重ねることで宿る他の力があるのかも。どこぞやのキャッチコピーじゃないけど、NO MUSIC, NO LIFE.
週末の夜、電車に揺られていた。暑い中よく歩いて、くたくた。比較的空いた車内。こういうときは、エアコンの風も気持ちいい。空いている席もちらほらあるのに、立っているグループ。
夏休みに以前の学校の(高校生と推定。おそらく中学時代の)友人で集まって、遊園地にでも行ってきたのだろうか。女の子4人に男の子1人。女の子たちのにぎやかなおしゃべりの輪の中で、帽子をかぶったおしゃれな男の子は、言葉少ない様子。
しばらくして女の子3人が、同じ駅で降りていった。残された女の子と男の子。するとどうか。男の子がにわかに活発に。俄然いい雰囲気。そうこうしているうちに、こちらの降車駅。ちらりと目をやると、二人組も同じ駅で降車。出口も一緒。向かう方向も一緒。
それとなく気にしながら歩いていくと、女の子は駅前のロータリーに停車していたバスに乗り込んだ。ここでお別れ。せっかくいい雰囲気になったと思ったのに。暑い夏も、夜になるとちょっと涼しいねぇ
ぶらぶら歩いていると、男の子がすたすたと追い抜いていった。さらに後ろから、車道を走り抜けていくバス。最後列の車窓に、先ほどの女の子の姿。携帯電話を片手に、男の子を目で追いかけている(ように見える)。男の子はというと、気づくことなく早歩き。そして、走り出した。横断歩道の信号が赤に変わる。きっともどかしい時間。
横断歩道を渡った男の子は、駐輪場にとめていた自転車にまたがると、バスが走っていった道へ向かってこぎだす。バスを追いかけ、家の近くの停留所で降りる女の子の許まで(?)。間に合うかな。間に合ってほしい。この夏の暑さは、まだまだつづきそう。
夏といえば蝉。蝉の鳴き声は、夏らしさを存分に演出してくれる。
庭に出ると、毎日のように見かける抜け殻。そして地面にあいた穴。これだけたくさんの幼虫が土の中にいるとすると、そこにできた道路の下とか、あちらに建った家の下とか、この仕事場の下にだって、どれだけの幼虫が埋まって(棲んで)いるんだかしれない。出てこられない彼ら。無念。
暑苦しさ満点だけど、日中外で鳴いているのはまあ情緒があっていいとして、網戸にとまっていたりすると、これがなかなか迷惑な話。部屋中に響き渡る求愛の悲痛(?)な叫び。そう辺り構わず騒ぐのではなく、もっと狙いを定めてから言い寄ってくれれば、それほど大音響にしなくてよさそうなもの。でも成虫でいられる時間は少ないらしいから、そう悠長なこともいってられないのかな。
この蝉、子どもの頃は電信柱にとまっているのを捕まえてみたりしたもの。でもいつの間にか、あまりよく見られない(見たくない)存在になってしまった。それも、ちょっとしたつまらない記憶のせい。
小学校で、いろいろな”〜全(オール)百科”といった、小さくて分厚い本が流行っていた。ドラえもんの道具だったり、心霊写真だったり。その類いで怖い話を集めた本の中に、漫画があった。
少年が学校でいじめにあっている。いじめはエスカレートしていって、いじめっ子たちは少年に生きた蝉をたくさん食べさせた。少年は体調を崩して寝込んでしまった。すると数日後、なんとその少年、セミ男になってしまったのです。そしていじめっ子たちに復讐したんだかしなかったんだか。復讐といっても、耳元で鳴くくらいしかできなさそうなものですが。
そのセミ化した少年の絵がひどく気持ち悪くて、蝉が見られなくなってしまった。少年少女に向けて出版している割には、なんともむごい内容。蝉を食べる土地だってあるくらいだから、そんなことになるはずがないのにね。
ウルトラマンに出てくるバルタン星人もとても蝉っぽいけど、悪役ながら、時折見せる悪役なりの情が安心させてくれる。蝉の鳴き声に、求愛の気持ちが聞き取れたら、克服できるかもしれないなぁ

いやいや、やっぱり暑苦しいか。
8月も今日で終わり。残暑はまだまだつづいても、やはりこの月が過ぎると、夏も終焉を迎えるような気がする。ひとつひとつがささやかではあったものの、花火を見て、海で泳いで、ドライブして。それなりにエンジョイできたのかもしれない。
"中央フリーウェイ 右に見える競馬場 左はビール工場 この道はまるで滑走路 夜空に続く" と歌うは、荒井由実。この歌ができた頃はまだ、中央道も調布から大月までしか開通していなかったらしい。今では高井戸から小牧まで、東名を迂回するかのように、山脈に挟まれた谷間を縫っている。
西に向かうことが多くて、ときどきこの道を走る。この夏も利用した。東海や近畿地方に暮らす人たちから、関東へ出てくる際、東名ではなく中央道をよく使うと聞く。確かに、東名から乗り継いでいくと、景色ももちろん違うし、走る車の流れも違う。左右に広がる山脈の雄大な眺めのせいか、穏やかな雰囲気。
そんな中央道、カーブの連続する長い下り坂、そこにくると必ず思い出す記憶がある。おそらく小学生の頃に見たニュースの画面。側壁にへばりつくようにとまっている、屋根のなくなった観光バスの、ヘリコプターから撮られたであろう映像。太く強調されている車線と、小刻みに立ち並ぶ反射板が、緊迫感をあおる。幼い自分には、強烈だったということか。
便利や安全を求めていても、拭えない危険があるし、社会に愚かな側面があるせいで、高まっている危険もある。突然襲ってくる事故と遭遇することなく、のんきに過ごせただけでも、いい夏だったのかもしれない。
さて次は、いい秋を。