本日18日(土)より26日(日)、東京・銀座で個展を開催しております。
今回は家具ではなく、木によるオブジェ(立体造形)をメインとした初めての企画です。

木片でつくられた動物たちが銀座のビルの一室にひしめく様子、面白いと思います。
お暇がありましたら、お立ち寄りいただけますと嬉しいです。

平日もできるだけいるつもりですが、特に週末は会場に立つ予定です。
お気軽にどうぞ。
よろしくお願いいたします。


望月勤展

2011年6月18日(土)-26日(日)
11:00A.M. - 6:00P.M.(会期中無休)

GALLERY 海里

東京都中央区銀座6ー11ー10 第一銀緑ビル2F
phone. 090-7735-2023(OFFICE FUKUTOME)

 (Click!) 
Img_6722372d07730f426adeb0ee430f95a0b28cce82
個展へお越しいただいた皆さん、ありがとうございます。
まだの方、ぜひお訪ねください。
今週末26日(日)まで開催しています。
お待ちしております。

今日は、会場のある「銀緑館・第一銀緑ビル」のお話。
建設は1924(大正13)年。
設計は松岡清治郎。
アーチ状のエントランスや、光窓の鉄格子、タイル張りの床や石の手すりなど、コンパクトな建物ながら手の込んだつくりです。

松岡清治郎は松岡美術館や、新宿美術学院を設立した不動産業者。
靖国神社の向かいにある「松岡九段ビル」もこちらのもの。
年月を経た建物を現代でも活用できるよう維持管理するのは、大変なことでしょうね。

このビルは、松岡自らの設計になります。
今では珍しい、手動ドアのエレベータが実際に利用されています。
まるで映画のよう。

地階のバー「TARU」は開業58年!
釼持勇デザインによるカウンター、渡辺力デザインによる照明だそうです。

こちらのビル、3月の震災を受けた設備などの見直しもあって、残念なことに来月をもって閉鎖となってしまいました。
取り壊しはまだ少し先のようですが、内部を探索できるのは今のうちだけ。
個展とあわせて、この機会にぜひのぞいてみてください。
Img_46abfcf788defce3988a9e9fdb423a58d6cc2fc6
1F エントランス