展覧会の紹介です。

会場の設営をさせていただいた展覧会が、今週末よりはじまります。
今回の展示は、壁一面に張り巡らされたキャンバスのアクリル画と、そこに映し出されるアニメーション。
アニメーションは絵の前に立つ人の動きに反応して、様々なアクションをおこします。
四季の自然を描いた絵に囲まれた空間と、自分の動きと呼応するアニメーションで、不思議な一体感を楽しめるかもしれません。
会場全体に広がる絵画が、意外なほど緻密に描かれているのも見どころです。


最新映像テクノロジー×不思議体験
動く絵画「うつろい いろは」金澤麻由子 展

四季をインタラクション(やりとり)する絵画+映像作品『「うつろい いろは」四季』は、日本人の感情の原点でもあり、そのうつろいは、心のありようまで変えていきます。今回の作品は、心のふるさとに導かれ、日本の原風景、京都の大覚寺・大沢池を描いた50mの絵画に、四季(4場面)の出来事を体験するメディアアートです。観る人がスクリーンの前に立つと、動物が現れたり、自分の顔が雪だるまになったり。四季の喜びを表現しています。

会期 5月2日(土)-6月21日(日)
開園時間 9:30-16:00(土・日・祝は17時まで。最終日は15時まで)
休園日 月曜日(5月4日、6月15日は開園)

ふなばしアンデルセン公園 子ども美術館  (Click!) 
千葉県船橋市金堀町525番
※ 公園の入園に料金がかかります。美術館は無料です。
Img_99f9f3a1cd40a0a518be2867bf7fd7ae
うつろい いろは