ワークショップのお知らせです。
5月28日(土)ショッピングモールの横浜ベイクォーター(横浜駅きた東口Aより徒歩3分)にて、木片で動物をつくるワークショップを開催します。
ひとつひとつは単純なかたちの角材が、想像しながら組み合わせていくことで不思議と動物の姿に見えてくる、面白い体験になると思います。
作品は8月末まで、ベイクォーター内のギャラリーBOXにて展示します。
参加費は無料。
対象は小学生までの子どもとその保護者、先着27組です。
ぜひご参加ください!

--
ワークショップ「木っ端(こっぱ)で動物を作ろう!」
~望月勤さん+27組の家族 exhibition~  (Click!) 

4Fスマイルキッズステーション
5月28日(土) 13:00~16:00

木工作家の望月勤さんと一緒に27組の家族がワークショップで完成させた作品を、横浜ベイクォーターの展示スペース「ギャラリーBOX」に展示します。

使うのは、「木っ端(こっぱ)」と呼ばれる木材のかけら。
今回はこの「木っ端」を使って、家族でミニサイズの動物を作り、ギャラリーBOXの中に展示します。
全部で27個のギャラリーBOXそれぞれに、家族の小さなexhibitionが始まります。

《ギャラリーBOX 作品展示期間》
6月6日(月)~8月31日(水)


【望月勤 プロフィール】
1975年東京生まれ。 2004年春、湘南・二宮にアトリエ"NINOMIYA Glashaus"(ニノミヤ グラスハウス)開設。 木工によるデザイン家具制作を中心とした造形活動を展開し、2006年頃から木っ端(こっぱ)で実物大の野生動物のオブジェを制作する。横浜市在住。


【「木っ端で動物を作ろう!」ワークショップ】
■日時
5月28日(土)13:00~16:00
■場所
4Fスマイルキッズステーション内キッズラウンジ
■定員
ご家族27組様
※対象:幼児~小学生+ご家族(どなたとの参加でも可)
■参加費
無料
■申込方法
住所・参加者名・年齢・ご連絡先をご記入の上、アートアソシエイツ八咫(やた) 担当・倉本まで以下のいずれかの方法でお申し込み下さい。
(先着順、定員に達し次第受付終了)
・TEL:090-8117-5572
・FAX:03-5213-5497
・メール:kikukuramoto@yahoo.co.jp
■お問合せ
090-8117-5572(担当:倉本)
Img_5458d4bd84a398878060327609a137f9
Img_02a5ba4bfd63167ce0bbef8cfafa5974
Img_27527a7bc1afb4fc1ac67b93014044b8
展覧会の紹介です。

父で彫刻家の望月菊磨の作品展示と、座談会が西麻布であります。
作品は、年始に銀座で開催した個展「時の庭」からの再構成。
ギャラリーとは異なる、邸宅内での空間表現が面白そうです。

今回は、会期の終わりに座談会も開かれます。
作家活動40年以上の経験から語られる言葉とは。
ぜひご参加ください。

--
彫刻家の望月菊磨さんは、真鍮、ステンレス、鉄、アルミニューム等を相手に叩き、曲げ、切断し、削り鑞付け、溶接して造形する。硬く冷たい金属との戦いは40数年に及び、とうとう昨年の暮れは、個展のための大作制作中に指が動かなくなってしまった。膝と腰を痛めながらも制作を全うし、無事に個展は開かれ、渾身の大作「時の庭」は夜の銀座の裏通りに輝きました。
頑張ったお父さんを誘って、一緒にタイとベトナムを旅したのは末っ子の翼さん。陶芸の長男と木工作家の次男、造形作家として大活躍の母親と、アートなファミリーの中でただ一人のサラリーマンの三男が、家族を陰でつないでいる。この父と子の対話から身近にある「アート」について語り合い、ファンタジーを追いかけるお父さんのお話を聴きます。

・座談会
2016年5月29日(日)午後1時開場、午後2時開始
地階の中庭でワインとピタパンをいただき、引き続きキクマさんを囲んでお話を伺います。製作に込めた念い、そのプロセスで想ったことなど。

・展示
5月21日から29日(28日を除く)午前11時から午後5時まで

菊磨さんの抽象彫刻は分かり易い。金属という素材の限界を露呈する「破壊シリーズ」、金属が限りない可能性を触発する「喚起装置」、その帰着点を暗喩する「時の庭」。幾つかの造形シリーズで金属のテクスチャーの美しさを引き出し、時には紙のように薄く、或いは布のように織ったり、軽いのに重く見える塊で眼を欺くなど。金属独特の属性を多面に変容させる菊磨さんの魔術は、金属に対する暴力的な強要と、優しい気配りの微妙な混ぜ合わせにあるように思えます。

金属素材による制作は身体的な疲労と苦痛を伴います。金属に打ち込まれた「詩」、表面に描き出された「景色」、空洞を包み込む「塊」。金属を叩いて薄く延ばして平面にする、ヴォリュームを産み出す金属板の厚みを加減する。切り裂き、引っ掻き、折り曲げる。言葉ではなく、絵筆ではなく、鎚と鏨と鋏。全身を道具にして表現する彫刻家は常に肉体的限界に向き合っています。頑張れ菊磨さん。「時の庭」の後にくるのはなに?

The Dininghouse M Nishiazabu
HOUSE M 1F・BF 3-9-11 Nishiazabu Minato-ku Tokyo

organized by 朱 暁雲 Zhu Xiao Yun(xiaoyun@netvigator.com)/松田 直(naomatsuda@netvigator.com)
Img_47cfc54e37abb32ac9d14f08bfaf258e
Img_6417845002859d6710cbb52d83db72b3