展覧会の紹介です。
29日(土)より、父で彫刻家の望月菊磨が、地元・福岡で個展を開催します。

自然環境とのかかわりを金属で表現する「共生」シリーズの近作をメインとした、質・量ともにヴォリュームある内容です。

今回は屋内展示となりますが、そのことにより、空間からはみ出してしまうかのような作品のイメージ展開や、金属の量感と表情のディテールをより味わえるものと思います。

アートはやはり、手仕事の痕跡までたどることができるライブでの出会いにまさるものはありません。
九州方面にいらっしゃる方、この機会にぜひご覧いただけますと幸いです。
会場で作家と話をするのも、楽しいですよ。

--
望月菊磨
「時の庭」展

2016年10月29日[土]−11月13日[日]
会期中無休・10:00-19:00

10月29日
15:30- アーティストトーク「望月菊磨作品と詩」
詩・橋本 明
17:00- オープニングパーティー

全国に100か所を超える、数々のパブリック作品を手がけてきた彫刻家、望月菊磨。
一昨年みぞえ画廊田園調布店の個展で発表し、高い評価を得た渾身の大作「時の庭」、望月のオリジナルシリーズ、メタルドローイングの二曲一双屏風「日・虹・月・星」。
本展では、この二作品を中心に、第一線を走り続けるアーティスト望月菊磨の新たな挑戦をご覧いただきます。
どうぞご期待ください。

「時の庭」
時と共に移り変わる自然、人の手により変わらない事をイメージし造られた形を”庭”という空間で共生させた作品。
※本展では屋内展示となります。

「メタルドローイング」
”創るとは…何か…”の考えをそぎ落とし形にした立体表現を金属平面に移し始めて(1984年)30年、その考え・手法を複合的に重ね生み出される絵画世界を追い求め制作を続けるシリーズ。

MIZOE ART GALLERY
みぞえ画廊  (Click!) 

福岡市中央区地行浜1-2-5
phone. 092 738 5655
fax. 092 738 5657
mail. info@mizoe-gallery.com
Img_eb8263f77438365ed75dee524c42c5bb