● ブラックウォールナット
クルミ科。
産地は主に北米やヨーロッパ。
比較的軽く、強度があります。
ツヤがあり、使い込むほど味わいが出てきます。
人気の高い材です。


● ミズナラ
ブナ科。
日本や中国など、東アジアが主な産地。
ロシアや北米産のオークのこともあります。
古くから家具材として重宝されています。


● アフリカンパドーク
マメ科。
産地はカメルーンやナイジェリア、コンゴ。
真っ赤で、日に焼けると徐々に黒っぽく変色します。
比較的重く、耐久性が高いです。


● ハードメイプル
カエデ科。
北米やヨーロッパが主な産地。
硬く、粘りがあり衝撃に強い材です。
白くきめの細かい肌で、家具や内装材として重宝されています。


● ブラックチェリー
バラ科。
北米産。
時間の経過とともに、明るい赤茶色から濃い色に変色していきます。
緻密な肌で光沢があり、きれいな材です。


● ヨーロピアンチェリー
バラ科。
ヨーロッパやシベリアが主な産地。
明るい黄色で、きめが細かく光沢があります。


● クリ
ブナ科。
日本産。
耐久性がとても高い材です。
磨くと光沢が美しく、床柱など銘木として使われることが多いです。


● ヤチダモ
モクセイ科。
日本や中国が産地。
木目が均一で、粘りがあります。
建築から楽器まで、用途が広く身近な材です。


● ハルニレ
ニレ科。
日本や中国が産地。
ケヤキの仲間で、よく似ているところもあります。
ヨーロッパでは家具材として使われています。